大阪市で生命保険の見直しや相談をするなら保険123.com

TOP > 保険選びの参考書 > 死亡保障の保障額
大阪

保険選びの参考書

生命保険の保障額

生命保険に加入するに場合には、万が一の時にいくら保障されるのかが重要なポイントになります。

生命保険の保障額を決める

  「生命保険の必要性」の章でふれましたが、どんな保障が自分に必要かによって、保険種類・保障額の選定が変わってきます。
  大きく分けると
等にわけられます。
1.死亡への備え
  死亡に対する備えとは、主にご自身がなくなったときの以後の遺族に対する経済支援と考えられます。
  したがって、自分と遺族との経済的関係によって、必要となる保障額が変わってきます。
  例えば、ご自身が独身で独立した生活を送っている場合と、ご結婚してお子様も小さく、ご自身がご家族の生計を担っている場合では、おのずとお亡くなりになった時の遺族に残すべき保障が違ってきます。
  また、時の経過とともに必要となる保障額も変わってきますので、まずは、今現在の必要保障額と将来予想される必要保障額を把握する必要があります。
  必要となる保障額は、いつ時点でいくらくらいなのか把握することにより、その金額をカバーできる保障額・保障期間を決めましょう。
ライフステージにともなって変化する必要保障額(例)
ライフステージにともなう必要保障額の変化(図解)
必要保障額の算出方法
  死亡時の遺族保障に必要な金額の計算は、残された遺族がその後将来にわたって支出する金額(生活費・住宅費・教育費など)の累計額から妻が将来にわたって取得する収入(預貯金や公的年金・給与など)の累計額を差し引いた金額になります。
必要保障額計算式
必要保障額を大きく変えるライフステージ上のイベント
お問合せ  
   
フリーダイヤル0120-876-549  
生命保険無料相談はこちら
受付時間:AM9:00〜PM6:00(土・日・祝日を除く)
 
大阪
Copyrighting(C) FPWORKS co.,LTD All rights reserved