大阪市で生命保険の見直しや相談をするなら保険123.com

TOP > 保険選びの参考書 > 結婚時の保険見直し
大阪

保険選びの参考書

ライフイベントごとの保険見直し

結婚

  まずは医療保障を準備しましょう。奥様が専業主婦であれば、死亡保障も必要です。
  人生の伴侶を得て、将来に向かって新しいスタートがきられました。
  家族に対する責任が発生し、今までのように自分のことだけ考えている時期は終わりました。
1.万が一の死亡保障
  守るべき家族ができ、責任が増えた分だけ、必要保障額も増える時期です。
  まず、ご主人さまの必要保障額を考えるうえで、奥様が働くのか専業主婦になるのかで、結果が違います。専業主婦であれば、万が一のときに奥様が再就職できるまでの生活費が必要となります。奥様が結婚前からの仕事を継続する場合では、独身時代とほぼ同等となります。どちらにしても、お子様が生まれるまでは高額な保障は必要ありません
2.病気・ケガへの備え
  死亡保障については、多額な保障は必要ありませんが、医療保障については、健康状態によっては加入できないことがありますので、今の保障というよりは、将来に向けて加入しておくことをお勧めします。
  病気やケガでの入院については、年齢が高くなるにつれて確率が高くなっていきます
<<年齢階級別入院受療率>>(人口10万対)
年齢階級別にみた入院率(グラフ)
厚生労働省「平成26年 患者調査」
  したがって、一生涯の保障が確保できることが理想的です。お若い時期であれば保険料負担も軽く、将来の保険料負担を考えれば、基本となる保険料が変わらない最低限の医療保障をご夫婦で持つことをおすすめいたします。
医療保険加入イメージ図
  ご注意いただきたい点は、家族型の保険に加入する場合です。家族型の保険の場合、主となる被保険者は男性のケースがほとんどです。その場合、主となる被保険者が亡くなった時に保障の継続が可能か?また、保険料は下がるか?などを確認してください。統計的には男性が先に亡くなる確立が高くなっていますので、残された奥様の保障についても確保できるかどうか確認しましょう。ご夫婦それぞれでの加入をお勧めいたします。
  ご主人死亡後の家族型取扱例  
保険会社 A生命 B生命 C生命
継続 継続 継続 終了
保障内容 変わらず 変わらず --
保険料 払込免除 変わらず --
3.将来に向けた貯蓄
  若い方に30年40年先の老後資金を目的に保険加入というのも今ひとつ理解しづらいと思われますが、将来に向けての貯蓄は必要となります。貯蓄性のある保険(終身保険個人年金保険養老保険等)にご加入することをお勧めいたします。
お問合せ  
 
   
フリーダイヤル0120-876-549  
生命保険無料相談はこちら
受付時間:AM9:00〜PM6:00(土・日・祝日を除く)
 
大阪
Copyrighting(C) FPWORKS co.,LTD All rights reserved