大阪市で生命保険の見直しや相談をするなら保険123.com

TOP > 保険選びの参考書 > お子さまの誕生
大阪

保険選びの参考書

ライフイベントごとの保険見直し

お子様の誕生

  万が一のときの死亡保障と健在であったときの教育費の準備が必要です。
  お子様は親や祖父母の夢を受け継ぐ大切な宝物です。
  お子様が健やかに、ご自身の夢に向かって大きく成長していくためにも、一家の大黒柱の責任は重くなります。
1.お子様の教育費
  お子様の誕生により、一家の大黒柱の責任が増えた分、必要となる保障額、保障内容も変わってきます。現在ご加入の保険を確認・見直しする必要があります。
  『【生命保険の保障額4.お子様の教育に対する備え』の章で述べたように、お子様の教育費は、幼稚園から大学まで公立の場合、学習費は平均約811万円*かかります。大切なお子様がご自身の夢に向かって進めるようしっかりとした準備が必要です。
*
幼稚園から高校まで平均約527万円:文部科学省「平成26年度 子どもの学習費調査」
大学(4年間)平均約284万円:独立行政法人日本学生支援機構「平成26年度 学生生活調査」
<<公立学校の学習費>>
公立学校学年ごとの学習費グラフ
文部科学省「平成26年度 子どもの学習費調査」
<<私立学校の学習費>>
私立学校学年ごとの学習費グラフ
文部科学省「平成26年度 子どもの学習費調査」
2.万が一の時の準備
  親御様が、もしもお子様が独立する前に亡くなってしまった場合の保障です。親御様が亡くなってしまったために、経済的な理由でお子様が進学をあきらめねばならないようなことがないよう加入している保険の死亡保障額の確認が必要です。
  『【生命保険の保障額1.死亡への備え』の章でご覧いただいたように、お子様の誕生により死亡保障の必要保障額は増加します。現在の必要保障額を確認し、ご加入の保険で死亡保障が足りているか確認しましょう。また、不足しているようであれば、死亡保障の増額、追加を検討しましょう。
3.お子様の教育費の準備
  お子様の教育費は、お子様の進学にあわせて確実に必要となってまいります。
  お子様の進学希望によっては、通常の授業料はもちろん、進学時の一時金も多額なものになることがあります。お子様が夢の実現に向けて、希望の進学先に進学できるよう経済的な準備が必要です。
  この進学時の経済的な準備に適した保険が「こども保険(学資保険)」です。
<<学資保険・こども保険一般>>
一般的な学資保険の保障図
お問合せ  
 
   
フリーダイヤル0120-876-549  
生命保険無料相談はこちら
受付時間:AM9:00〜PM6:00(土・日・祝日を除く)
 
大阪
Copyrighting(C) FPWORKS co.,LTD All rights reserved