大阪市で生命保険の見直しや相談をするなら保険123.com

TOP > 反社会勢力等に対する基本方針
大阪

反社会勢力等に対する基本方針

  反社会的勢力を社会から排除していくことは、社会の秩序や安全を確保する上で極めて重要な課題であり、反社会的勢力との関係を遮断するための取組みを推進していくことは、企業にとって社会的責任を果たす観点から必要かつ重要であると考えます。このような認識のもと、当社では、反社会的勢力を「暴力、威力と詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団または個人」と定義し、以下の方針に基づき対応態勢の構築・確保を行ないます。

1.反社会的勢力との関係の遮断

  反社会的勢力とは、取引を含めた一切の関係を持ちません。また、反社会的勢力による不当要求は拒絶し、裏取引や資金提供を行ないません。
  反社会的勢力であることを知らずに関係を有してしまった場合には、相手方が反社会的勢力であると判明した時点で、可能な限り速やかに関係を解消できるように取り組みます。

2.被害を防止するための一元的な管理態勢

  反社会的勢力による不当要求が発生した場合の対応を統括する部門(「反社会的勢力対応部門」)を定め、反社会的勢力による被害を防止するために、一元的な管理・対応を行ないます。

3.組織としての対応

  反社会的勢力から不当な要求がなされた場合には、従業員の安全の確保に留意し、担当者や担当部署に一任することなく組織全体として対応します。反社会的勢力からの不当要求に関する情報は速やかに経営陣へ報告し、経営陣の適切な指示・関与のもと、外部専門機関とも連携し、法的手段も含めた対応を行ないます。

4.適切かつ健全な業務運営の確保

  反社会的勢力対応部門は、反社会的勢力からの不当要求が不祥事を理由とする恐れのある場合には、速やかに関連部に報告、事実関係の調査を要請し、適切かつ健全な業務運営の確保に努めます。
大阪
Copyrighting(C) FPWORKS co.,LTD All rights reserved