大阪市で生命保険の見直しや相談をするなら保険123.com

TOP > FPの保険アドバイス
大阪

FPの保険アドバイス

生命保険の見直し方法

生命保険見直しのタイミング(理由)は

1.生活環境が変化したときが見直しのタイミング
  • 結婚したので家族の為に保障を見直したい。
  • 子供が生まれたので保障を増やしたい。
  • 家を買ったので保険料を減らしたい。
  • 子供が独立したので死亡保障から医療や介護の保障に見直したい。
  • 定年後や老後が心配なので年金保険を考えたい。
2.自分の生命保険に不安を感じたときが見直しのタイミング
  • 更新で保険料が上がる。
  • 必要以上の保険に入っている気がする。
  • 保険料の負担が重い。
  • 保障内容がかたよっているような気がする。
3.その他の見直しタイミング
  • 健康体割引」が適用されると保険料が安くなると聞いた。
  • 最近、友人が病気になった。
  • 生命保険は健康でないと入れないと聞いた。
  • 会社や通販で生命保険を見るが、入るとしたらなにがよいのか。

生命保険見直しの注意点

1.健康状態
  生命保険は、健康状態により加入できない場合があります。見直しを考え、現在加入の生命保険を 解約したが、新しい契約に入れない場合、生命保険がなくなってしまうような事態が生じます。
2.切り替えのタイミング
  生命保険の見直しを行い、現在加入中の生命契約を解約する場合は、新しい保険契約が成立(保障の開始)したことを確認した後で手続きを行いましょう。新しい生命保険の成立前に手続きをしてしまうと、保障のない期間が生じることとになったり、最悪のケース(新しい生命保険が引き受けられない等)では保障がなくなってしまう場合があります。
3.予定利率
  生命保険の見直しをするときは、現在加入している生命保険で貯蓄性のある商品(終身保険、養老保険など)の予定利率(生命保険会社が約束した運用利回り)が高い場合、その部分については、見直しせずに残す方向で検討することも必要です。

自分の生命保険を理解するポイント

  生命保険は、一生の保険料で考えると車や家に匹敵する高額な買い物です。だからこそ自分の生命保険の内容を理解する必要があります。理解する際のポイントは・・・
  1. もしもの時の保険金の額
  2. 加入している保険内容を家族が理解しているか
  3. 自分や家族が亡くなったり、病気になったりしたときの必要保障額
  4. 必要な保障期間
  5. 払っている保険料
  6. 今後の保険料推移

生命保険証券の見方のポイント

  自分が加入している生命保険の内容を理解するには、保険証券を見るのが1番です。保険証券には生命保険の契約に関する内容が記載されています。保険証券でチェックするポイントは・・・
  1. どんな保障でいくらもらえるのか(病気で、ケガで)
  2. 保障の期間(いつまで保障があるのか)
  3. 保険料の払込期間(いつまで保険料を払うのか)
  4. 現在の保険料(いつまで払うのか、更新による上昇はあるか、総支払額はいくらか)

予定利率の変動について

  約束どおりの運用が生命保険会社でできなくなってしまった場合、実際の運用利率が予定利率を下回る状態となります。これを「逆ざや」と言います。
1.予定利率とは?
  生命保険会社は資産運用による一定の収益をあらかじめ見込んで、その分だけ保険料を割り引いています。その割引率を予定利率といいます。
2.予定利率の保険料への影響は?
  高い予定利率の時に加入した生命保険は、運用益を多く見込めるため保険料がやすくなり、逆に予定利率が低ければ、保険料は高くなります。
3.予定利率の推移
契約日 保険期間
10年超20年以下 20年超
1981年4月2日〜1985年4月1日 5.50% 5.00%
1985年4月2日〜1990年4月1日 6.00% 5.50%
1990年4月2日〜1993年4月1日 5.50%
1993年4月2日〜1994年4月1日 4.75%
1994年4月2日〜1996年4月1日 3.75%
1996年4月2日〜1999年4月1日 2.75%
1999年4月2日〜2001年4月1日 2.00%
2001年4月2日〜2013年4月1日 1.50%
2013年4月2日〜2017年4月1日 1.00%
2017年4月2日〜 0.25%
1981年4月2日〜1996年4月1日については一般的な予定利率
(異なる生命保険会社もある)
1996年4月2日以降の予定利率については標準予定利率
お問合せ  
   
フリーダイヤル0120-876-549  
生命保険無料相談はこちら
受付時間:AM9:00〜PM6:00(土・日・祝日を除く)
 
大阪
Copyrighting(C) FPWORKS co.,LTD All rights reserved