大阪市で生命保険の見直しや相談をするなら保険123.com

TOP > FP保険アドバイス > 保険料を安く(健康体割引)
大阪

FPの保険アドバイス

保険料を安く(健康体割引)

1.生命保険にも「リスク細分型」が・・・
  被保険者の健康状態や、喫煙の有無、身長と体重のバランスなどにより、定期保険を中心に、同じ保険に加入しても保険料が通常より安くなる場合があります。所定の要件を満たせる場合にはお得です。
2.「リスク細分型」のタイプ
  保険会社によって、タバコを吸うか、吸わないかの「非喫煙割引」のみの場合と(1)体格や血圧、健康状態などによる「健康体割引」、(2)タバコを吸わないことによる「非喫煙割引」の2タイプの組み合わせの場合があります。
  ある会社の「リスク細分型」の場合、(1)非喫煙優良体、(2)非喫煙標準体、(3)喫煙優良体、(4)標準体と分かれます。
3.「優良体割引」「非喫煙割引」とは
  被保険者の健康状態や、喫煙の有無、身長と体重のバランスなど所定の要件を満たすことが必要となりますが、ある会社の例に見ると、下記のような要件で適用の可否が決まるようです。

A生命 優良体料率特約・非喫煙者標準体

  • 「優良体」基準を満たした場合、通常より安い保険料でご契約頂けます。
  • 非喫煙者なら、さらに安い保険料でご契約頂けます。
  • 「優良体」基準を満たさない場合でも、非喫煙者の方なら、安い保険料でご契約頂けます。
  • 「保険料のめやす」
  • 標準体 > 喫煙優良体 > 非喫煙標準体 > 非喫煙優良体

取り扱い規定

(1)優良体料率適用基準の目安
医師による所定の診査の結果、以下の4つをすべて満たす場合。
  1. 血圧
  2. 加入年齢 最低血圧 最高血圧
    21〜39歳 85未満 135未満
    40〜49歳 90未満 140未満
    50〜60歳 90未満 150未満
    最低血圧値と最高血圧値の幅によっては適用できない場合もあります。
  3. 体格(BMI=ボディ・マス・インデックス)
  4. 18.0 < BMI指数 < 26.5 全加入年齢が対象
    計算式 : BMI = 体重(kg) ÷ { 身長(m)の2乗 } …小数点第2位を四捨五入
  5. 尿検査
  6. 糖 : − 蛋白 : − または ±
  7. 会社所定の引き受け基準を満たすもの
  8. 特別条件契約への付加・妊婦の方・告知、診査、検査内容が会社の基準を満たさない場合の取扱は不可となります。
(2)非喫煙優良体/非喫煙標準体料率
  過去1年間全く喫煙していない被保険者で、優良体/標準体の引受基準を満たす場合に適用。
  コチニン検査を実施。

BMI適応範囲

18.0  <  BMI指数: 体重(kg)÷[身長(m)の2乗]  <  26.5
(身長はm単位で小数点以下第3位を四捨五入・体重はkg単位で小数点以下第1位を四捨五入)
身長(cm) 体重(kg)
以上 未満
145 38 55
146 39 56
147 39 57
148 40 58
149 40 58
150 41 59
151 42 60
152 42 61
153 43 62
154 43 62
154 43 62
155 44 63
156 44 64
157 45 65
158 45 66
159 46 66
160 47 67
161 47 68
162 48 69
163 48 70
164 49 71
165 50 72
166 50 73
167 51 73
168 51 74
169 52 75
170 53 76
171 53 77
172 54 78
173 54 79
174 55 80
175 56 81
176 56 82
177 57 83
178 58 83
179 58 84
180 59 85
181 59 86
182 60 87
183 61 88
184 61 89
185 62 90
186 63 91
187 63 92
188 64 93
189 65 94
190 65 95
  このサイトは保険の一般的な仕組みを解説するものであり各保険会社により取扱基準が異なる場合があります。詳しくは募集代理店までお問合せください。
お問合せ  
   
フリーダイヤル0120-876-549  
生命保険無料相談はこちら
受付時間:AM9:00〜PM6:00(土・日・祝日を除く)
 
大阪
Copyrighting(C) FPWORKS co.,LTD All rights reserved